MIMOSA MANGA

MiMosa の外部記憶装置です。 Nothing, but Tumblr!

7月 31

thekimonogallery:

Noh theatre, Kyoto, Japan.  Images taken on June 28, 2014.  Photography by Stephane Barbery

(reretletから)


lastlostman:

街のせせらぎ

lastlostman:

街のせせらぎ

(pipcoから)


(sirobtepから)




lapitiedangereuse:

The Night of the Iguana (film)

lapitiedangereuse:

The Night of the Iguana (film)

(sirobtepから)



hattiewatson:

Train rides

hattiewatson:

Train rides

(sirobtepから)


natgeofound:

Three shafts of sunlight illuminate the basilica and its mosaic floor in the Vatican, December 1971.Photograph by Albert Moldvay, National Geographic

natgeofound:

Three shafts of sunlight illuminate the basilica and its mosaic floor in the Vatican, December 1971.
Photograph by Albert Moldvay, National Geographic

(sirobtepから)


cammadanar:

gutsyfrog:

animeslovenija:

So Tattun mentioned he opened a deviantart account for a friend… Yoh Yoshinari it seems? At least based on his now defunct sites (the two banners are from there).

why does Yoshinari always avoid outright saying ‘hey it’s me, Yoh Yoshinari’ when making his various internet art accounts?

it was already extremely obvious before since he has one of the most easily identifiable styles, now it’s doubly obvious.

He seems to always have people posting for him, that and the way he starts and then abandons accounts makes me think he might just have trouble remembering passwords.  He did post as himself here way back when.

It’s interesting how the gifs are all a Tumblr-friendly 500 pixels wide.

image

image

image

image

image

image

image

image

image

(atm09tdから)


“たとえば『マトリックス』では、裏切り者、つまり悪役側のサイファーという人物がこんな言葉を口にします。
 「俺はな、このステーキが存在しないことは知ってるんだよ。口に入れると、マトリックスが俺の脳味噌に、これが肉汁たっぷりで最高にうまいと教えてくれるんだってこともな。9年かかって俺がなにを理解したか、アンタわかるか? 無知の至福さ。」
 現実よりも仮想現実を選択するという判断が「悪役」のものであるということ。この描写が象徴するように、「現実>仮想」あるいは「三次元>二次元」という価値観は、もはやハリウッド映画の強迫観念ですね。虚構産業の自浄作用のようなものでしょうか。まあそれはともかく。
  『アバター』で、主人公ジェイクは、あらゆるハリウッド映画的伝統に逆らって、なんと仮想現実に生きることを選択します。この部分、あまりにもあっさりと描かれているので気づかれにくいようですが、これは二重の意味で画期的なことです。
 前衛映画ではありません。超娯楽大作の主人公が、地球(=現実世界)に還らず、仮想空間(パンドラ)のヒロインと生きることを選ぶということ。なんともオタク的な「ネイティリは俺の嫁」宣言です。すいませんわかりにくかったですね。これは一般には、漫画やアニメのキャラクターにリアルな恋愛感情を喚起されてしまった漢(おとこ)たちが口にすべきテンプレートとされています。
 さらにいえば、キャメロンはこの映画で「もう現実とか仮想とか区別しなくてもよくね?」と提案しているようにもとれます。アメリカでは本作を観た観客のなかに、「パンドラから帰りたくない」という思いが高じて、うつ状態におちいった人々がすくなくなかったと報じられています。もしこれが事実なら、キャメロンの目論見は見事に当たったといえるでしょう。なにしろハリウッド映画に連綿と受けつがれてきたプラトニズム(イデア>現実>虚構)の伝統を、根底からくつがえしちゃったんですから。”
書籍出版 双風舎:【連載】「脳は心を記述できるのか」 (via proto-jp) (via fukumatsu) (via yaruo) (via otsune) (via yamato) (via newroussan) (via gkojay) (via saboten5) (via layer13) (via highlandvalley) (via hsgn) (via head) (via katoyuu) (via g2hldy) (via shinjihi) (via htti) (via tra249)

(atm09tdから)


7月 30

already-started-something:

Michael Jackson with animals

(cocokashi-coから)


holespoles:

Nio Mizushima “Mechanical Human Age”

水島 爾保布「人造人間時代」

「人造人間の歩きぶりてえものは恐ろしくせはしないね。」
  「だからジンゾウ暇なしってぇのさ。」


ページ 1 / 1837